基本の構図パターン一覧:カメラ女子「きょん♪」の簡単ステキ写真術

カメラ女子「きょん♪」の簡単ステキ写真術

基本の構図パターン一覧

2008年06月27日 Comment(0) Trackback(0)
構図どりのポイントは、今見つめているシーンから構図のパターンを見つけ出すことだと、ワタシは考えています。

そのためには、様々な構図のパターンを覚えておくことが重要です。

たとえば、雑貨の撮影でも構図パターンのとおり雑貨を配置することで安定感のある写真を撮れますし、風景写真でも構図パターンに合致するシーンをすぐに見つけ出すことができますよね?
なので、構図のパターンを覚えておくと何かと便利なのですヨ。

といっても、構図パターンを見つけ出すにはやはり経験が必要。
ワタシも経験はそう多くないので、雑誌の写真を教材に構図を探し出すようトレーニングしています。最近では、気づくと頭の中で構図パターンを探し出してる自分がいて・・・病気かな?って思うくらいはまっています(笑)

でも、そうしているうちにだんだんとパターンが浮かび上がってくるようになるので、皆さんもぜひぜひ構図パターンを頭に焼き付けてみてくださいね!


構図パターン一覧


中央一点構図(日の丸構図)
被写体の存在感を高める。もっとも安定した構図だが、単調になりがち。


三分割構図
最もポピュラーな構図。●部分に被写体を置くことでバランスのとれた写真になる。


水平線構図
左右の広がりを持たせたいときに使う。水平線の位置をずらすことで主題が変わる。


垂直線構図
垂直方向を強調したいとにき使う。木の幹や道路など。


斜線構図
リズム感を出したいときに使う。また、狭い面積を効率的に活用することができる。


対角線構図
対角線上に分割することで、写真に安定感を出すことができる。

放射線構図
開放感や広がりを出したいときに使う。木の枝や光など。


S字構図
奥行きや、やわらかさを表現したいときに使う。川の流れや、道など。


パターン構図
繰り返しでリズム感や統一感を出したいときに使う。クッキー並べた写真とか・・・。


対比構図
同じものや似たものを並べる構図。一方を大きく、片方を小さくすることで主役を引き立てられる。


三角形構図
力強い安定感をあらわしたいときに使う。山や木のシルエットなど。


逆三角構図
下から上への開放感や広がりを出したいときに使う。空に伸びる木の枝や、広がる地形など。


変形三角構図
リズミカル感をあらわしたいときに使う。地形などで良く見られるが、雑貨の配置などにも。

トンネル構図
中心が明るいトンネルのような構図。被写体に視線を集中させたり、落ち着きをもたらす。

※上記パターンの形・位置はあくまでも目安です。状況に応じて似たようなパターンを見つけてみてくださいね。何より大事なのは、皆さんの直感や感性ですよ♪

スポンサーリンク

 
この記事をソーシャルブックマークに追加すると、いつでも読めます。






【ミーナ’sストラップ】ミーナ 一眼レフ用カメラストラップ 【ハクバ’sストラップ】
ハクバ 一眼レフ用カメラストラップ
【工房 絲’sストラップ】
工房 絲 一眼レフ用カメラストラップ
【Acru’sストラップ】
可愛くてリーズナブル!種類も豊富です!
メール便OKも魅力♪
楽天市場で探す>>
ヤフーで探す >>
カメラ用品老舗メーカー品質ながら、1500円前後というコスパが魅力。
楽天市場で探す>>
ヤフーで探す >>
セミオーダーなので自分だけのストラップが作れます♪手編みながら価格は3〜5千円!!
工房 絲さんHPへ >>
オシャレな本革ストラップといえばココ!少し高いけど長く愛用するほどに味がでる逸品!
AcruさんHPへ >>

関連記事一覧

トラックバックURL

http://na-watashi.sakura.ne.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1746

トラックバック大歓迎です♪
但し、当ブログへのリンクが存在しない、および関連性の無いトラックバックにつきましては受け付けかねますので、ご了承くださいね。

コメントする

コメントとっても嬉しいです!お気軽にコメントください♪
(承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちくださいませ。
また、文字数が全角1000文字以上ですとエラーが表示される場合がございますのでご注意ください 。)

↑ページ先頭へ / 目次へ >> / トップページへ >>


MyBookさんは、Photobackさんと並んで大好きなフォトブックサービス。プリントと製本の質の良さはピカイチ★
フォトブックを作った人にだけわかる手にした感動をぜひ味わってみてください!1冊945円から作れますヨ♪